紅の豚×CA4LAコラボ!ポルコ・ロッソがかぶるフライトキャップとハットが登場

紅の豚×CA4LAコラボ!ポルコ・ロッソがかぶるフライトキャップとハットが登場

日本を代表するアニメーション制作会社「スタジオジブリ」とCA4LAがコラボレーション。
前回ご好評だった「天空の城ラピュタ」に続き、今回は「紅の豚」の主人公ポルコ・ロッソが劇中でかぶっている帽子を、CA4LAのメイドインジャパンの技術力で再現!
アニメーションを参考に完全再現を目指しつつ、日常でも使いやすい素材やシルエットにこだわって、自社工場「CA4LAアトリエ」で丁寧に制作されています。

紅の豚×CA4LAコラボ商品概要

  • 商品概要

①紅の豚 × CA4LA ポルコ・ロッソ フライトキャップ

¥66,000(税込) ※受注生産限定


主人公のポルコ・ロッソが、愛機である深紅の飛行艇「サボイアS.21」に乗り込む際にかぶっているフライトキャップを再現しつつ、ファッションアイテムとしてもかぶれる様にアレンジ。本体、ゴーグルともに姫路産の上質な牛革を使用して、ひとつずつ手縫いで仕上げています。裏地にはポルコ・ロッソとサボイアS.21のプリント入り。オンラインショップでの受注生産販売(数量限定)となります。
 *ご注文はおひとりさま1点までとさせていただきます。
*お届けまでは約3ヶ月ほどお時間をいただきます。
*ご注文は6月25日(金)23時59分までの受付となります。
*予定数量に達した場合、期限前でもオーダーは締め切りとさせていただきます。
*6月18日(金)よりCA4LA表参道店でサンプルを展示いたします。

②紅の豚 × CA4LA ポルコ・ロッソ ハット

¥22,000円(税込)

トレンチコート、サングラスと並んで、ポルコ・ロッソを象徴するファッションアイテムである中折れハットを忠実に再現。自社工場で特別に染色した、きめの細かいメリノウールのフェルトを使用して、高さのあるクラウンのクラシックなハットに仕立てています。裏地にはポルコ・ロッソとサボイアS.21のプリント入り。

「紅の豚」作品紹介

(1992年7月18日公開) 原作・脚本・監督/宮崎 駿
‘20年代のアドリア海では空賊たちが暴れ回っていた。賞金稼ぎを生業とする飛行艇乗りポルコは、以前から対立していた空賊マンマユート団に襲われた女学校の生徒たちを助ける。ポルコはある理由で自分で自分に魔法をかけて、豚に姿を変えた男。ホテル・アドリアーノのジーナは昔のポルコを知る幼なじみだった。数日後、飛行艇の整備のためにミラノに向かっていたポルコは、飛行途中でカーチスというアメリカ人に撃墜されてしまう…。『宮崎駿の雑想ノート』(大日本絵画刊)の中の1エピソードをアニメーション化した作品。

CA4LAとは

メイドインジャパンの優れた技術から生まれたオリジナリティ溢れる帽子を作り続けるハットメーカー。『すべての人に、最高の帽子を』という願いと共に、日本独自の帽子文化を世界へと発信いたします。
URL:https://www.ca4la.com/